2004 ハワイ旅行記 Part1

COLUMN 4月 19th, 2004.

ハワイ旅行記2月12日
いよいよハワイに到着!
ワイキキで取ったホテルはオーシャンビュー・ダイヤモンドヘッドも見える展望であーハワイだ~!と実感。
しかしワイキキのあまりの日本人多さにはせっかくのヴァカンスの私達は外へでるのが嫌になってしまいました。
だってまるで渋谷の街のよう・・。ここでは現地の人の笑顔を見つけるのは難しい~と私達はワイキキを早く離れる計画をし始めました。
初日はとりあえずおのぼりでアラモアナショッピングセンターに行き買い物に興味のない私達は展望、味良しと知り合いに聞いていったニーマンマーカスにはいっているマリポサというレストランへ行きました。そこの名物というポップオーバーというパンも熱々でパスタもステーキも美味しかったです。
その後はハワイ旅行で一番楽しみにしていたスパ体験!パシフィックビーチホテル内にはいっているスパでラヴァロックマッサージ(温かくした石を使っての全身マッサージ)もうよだれものでした。
その時シェフは早速ワイキキのビーチで初ハワイサーフィンデビュー。気持ちよさそうでしたよ!
時差ぼけで少し頭がボーッとしながらも満足な一日目でした。
2月13日
朝方5時頃ホテルの非常ベルとともに放送が・・・。「ホテルの火災装置が作動しました。エレベーターは使わずすみやかに非常階段で外に出てください!」まだベットの中で聞こえる放送。
はあ~?これは夢?と寝ぼけている横で旦那は「ちょっと外にでるよ!」ともうドアの前。私はというと普段自分でいうのもなんですがどっちかというとてきぱきしているのですがその時はなぜかスローな動きで着替えだし旦那には「ちょっと命の方が大事でしょ!!」とあおられながらもまだ私は「お財布は?とかいちよパスポートも持たないと・・」いざ非常階段にでてみると、みんなパジャマに貴重品などをいれたバックをさげ寝ぼけているのもあるのでみんな無言で階段を下りている。眺めのいい部屋というのはとっても感動していたのだけれどこんなことになってしまった時、私達の部屋は36階だった為20階位まで降りた後は下へ人がつまり動けなくなり、周りも私達もしっかり目がさめ冷静にちょっとやばいかも??と思い始めた時下の方から「もう大丈夫だから部屋に戻れ!との声が・・・。
原因はよくわかりませんがそれからは又階段で戻る事に・・。朝からいい運動になりました!と何もなかったから今は言えるけど、こういういざという時の私達も判断の鈍さには後で反省しました。
手ぶらで外に出ていたのは私達だけだったかも?です。
この日は朝の出来事があまりにも印象深かったので昼の出来事はなんだったか?って感じですが夜はハレクラニホテルで夕方から始まるフラを見に行き、ロイヤルハワイアンホテルのマイタイバーのマイタイを飲みショーで外人さん達と盛り上がり、なぜか夜食はお腹がすきデニーズへ・・。あなどれないデニーズを実感した日でした。マイタイバーのマイタイそしてチチというカクテルは美味しかったなー☆